ダイソーの『組みひもメーカー』を使って組みひもブレスレットを作った動画

以前クリスマスカラーで作った組みひもブレスレット、編む工程が分かりやすいように動画にしてみました。

1分程度に編集していますので、さっとご覧いただけます。

ダイソーの組ひもメーカーにレシピがついており、手順はそのレシピ通りです。

一応、以下作り方を書いていきますね。

作り方

1.80cmの革紐4本を纏めて半分に折り曲げます。

2.折り曲げた方の端をくくります。
※くくって輪になった部分が、最終的にはブレスレットを留めるための穴になりますので、
輪のサイズはくくった玉がギリギリ通るくらいの大きさが理想的です。

3.組みひもメーカーの中心の穴にくくった部分を入れます。

4.8本の革紐(4本を折り曲げているので8本と書きました)を切れ目にセットしていきます。
※同色の革紐(4色それぞれ別の色で作っている前提)が、円の中心を通って一直線になるように切れ目に差し込みます。
※2色ずつ隣り合わせでクロスに交わり、かつ、2色と残りの2色は垂直に交わった感じになります。
動画では同色の紐ごとに、1と17、2と18、9と25、10と26にセットしています。

5.切れ目の1番を上にした状態で、

  • 2番にある紐を16番の切れ目に移動
  • 18番にある紐を32番の切れ目に移動
  • 時計回りに90度回す
  • 26番にある紐を8番の切れ目に移動
  • 10番にある紐を24番の切れ目に移動
  • 反時計回りに90度回す

この6つの動きを1セットで覚えます。

6.上にきた紐から同じように5.での動きを繰り返します。
※番号は、順にずれていきます。
※革紐の場合は、太く短く編みあがっていきますが気にせずに続けてください。

7.切れ目に届くギリギリまで編んだら、すべての紐を組紐メーカーから外します。

8.編み目の端と、編み初めの輪を持って伸ばします。

9.腕に合わせてちょうどよい長さのところでくくります。

10.余った部分をハサミでカットしたら完成!

使った材料

  • 1mm丸革紐80cmを4本 *アンシャンテ工房
  • 組ひもメーカー *ダイソー

最後に

2回紐を移動させて90度回転させ、また2回紐を移動させて反対回りに90度回転させる、という動きを覚えると簡単に編めます。

刺繍糸でも試してみましたが、同じ長さのブレスレットを編むのに倍以上の時間が掛りました。

革ひもはもつれないので編みやすく、しかも短時間で完成しますよ!

ぜひチャレンジしてみてください。

もし作品を作られたら、ハッシュタグ #アンシャンテ工房 をつけてInstagramに投稿し、ご連絡ください♡

 

▼この動画で使った革ひもはアンシャンテ工房で購入できますヨ。
1 000000002403 150x150 - ダイソーの『組みひもメーカー』を使って組みひもブレスレットを作った動画

 

 

 

 

【革ひものページ】

http://www.ko-bo.jp/shopdetail/000000002403/I87355/page1/order/

↓↓↓ キットになりました!購入はこちらから ↓↓↓
組みひもブレスレットキット

組みひもブレスレットキット販売ページへ

ライター

なずな
なずな
おしゃれに敏感で、今をときめく、お上品なキラキラ女子なずな。ハンドメイド部ではキラキラ担当。見かけによらず突然ロボットプロレスを見に行ったりする、時に謎キャラ。

オーダーメイドのご相談

ordermade man 1 - ダイソーの『組みひもメーカー』を使って組みひもブレスレットを作った動画
オーダーメイドが早い!
1個から注文可能です!

カフェや美容院のロゴ入れ、結婚式の名入れギフト、会社のノベルティ、オリジナルのアクセサリーパーツなど色々なオーダーメイドをカタチにします。
▼お急ぎの方はお電話ください
0742-30-4467